アフィリエイトやネットビジネスは怪しい?世間一般が抱く「怪しさ」について考えてみるよ。

こんにちは。まさくんです。


「アフィリエイトやってる人って怪しい」
「ネットビジネスって詐欺なんでしょ?」


あなたはこんな事、言われた経験ありませんか?


僕はないのですが…

ただ、スタバでアフィリエイト記事作成をやってる時に、
横にいたカップルに露骨にクスクス笑われた事はあります…w


隣にいた女の子が自分のPC画面をチラ見してたのは分かったので、
まあ、何やってるかは薄々とは気付かれてたと思うのですが。


世間からしたら怪しんでしょうかね。この分野って。

「アフィカス」といった言葉もありますけど。

アフィリエイトに対する「怪しい」という感情はなぜ生まれるのか?


ただ、世間の人から見たアフィリエイトやネットビジネスって、
世の中の常識じゃ考えられない事も多いのかな、と思います。


「ネットで稼ぐ」とか、「不労所得」という言葉って、
世の中大多数の人から見れば、
信じられないと思うものなのかもしれません。


最近では企業が社員の副業を認めていて、
自分でビジネスを立ち上げる、起業する人も増えてる傾向にはありますが、
やはり世間一般の稼ぎ方と言えば、
「雇われて稼ぐ」のが大多数でしょう。


「アフィリエイトで稼ぐ「起業して稼ぐ」
なんて考えた事がない人の方が多いのではないでしょうか。


以下の記事でお話している通り、

※参考:アフィリエイトはなぜ儲かるのか。その仕組みを簡単に解説

アフィリエイトやネットビジネスの稼ぎ方って
世の中の大多数の常識から、かなりかけ離れている気がします。


初期費用ゼロで数十万~数百万円の収入が不労所得で得られる。


これだけ切り取って人に話した場合、
詐欺だ!と思われるのも無理はないでしょう。


ですが、既にアフィリエイトを実践されている方であれば、
これは本当にあり得ることなのは分かっていただけると思います。



他にも「PC一台で稼げる」というのも、
多くの人から見たら”信じられない”と思う事なのかもしれません。


最近では、在宅勤務やリモートワークの制度を整えている企業が
話題になる事もチラホラ増えましたが、

「自分の会社には無縁の話だよ」

と、お感じになってる方も多いのかなと。


「仕事はオフィスで皆で集まってやるもの」
と考えてる人の方が、まだまだ主流でしょう。



こうした人から見たアフィリエイトやネットビジネスって、
ただただ怪しいものでしか無いのかな、と感じます。


これだけ色々と書いてると、
「怪しい」「詐欺だ」
こう言いたくなる人の気持ちも、まあ分からなくはないかな…


まあ、自分が知らないもの、考えてもみなかったものを
「怪しい」「詐欺だ」と
一方的に決めつけるマインドはどうかと思いますけどね。

自分の選択肢を貫いた、知人のエリートサラリーマンの話


「怪しい」という言葉について、
もう少し考えてみたいなと思います。



僕自身、「怪しい」と思うものに対しては、

“本当に怪しいのか?”
“もしかしたら実は素晴らしいものなのでは?”

といった姿勢で、一旦確認するようにしています。


怪しいものの中には宝がある。


僕はこう思っています。


と、思うようになったのは
知人である、とあるエリートサラリーマンの
価値観に触れた事がキッカケでした。


彼は今、59歳の
社会人としては大ベテランの方で、

今は日本中誰でも知っているような
大手人材系企業に勤めています。


しかも大学生の頃から、
その会社で働いていたそうです。
(今で言うインターンみたいなものです)


1つの会社にずっと勤める事もホントに凄いと思うのですが、
僕がこの方から最も学んだ事が、

「怪しい」ものに対する捉え方でした。


学生の頃、彼は在籍していた大学のレベルが高かった事もあり、
これまた日本中の誰もが知ってる大手証券会社から、
内定を貰っていたそうです。

当時からその証券会社は有名で、
高学歴の学生の人気就職先の1つ。


しかし彼はこの道を選びませんでした。


インターンとして在籍していた人材系企業へ
入社する事を決意したのです。



この人材系の会社、今でこそ大手有名企業なのですが、
彼が学生生活を送っていた25年以上前の段階では
今で言うところのベンチャー企業に過ぎませんでした。

(「ベンチャー」という言葉すら当時はなかったそうです)


この事を知った彼の両親は激怒したそうです。

特に彼の父親は公務員だった事もあり、
不安定な道を選んだ息子を
一時期は勘当したのだとか。



しかし彼はインターン先の会社へ入社します。



なぜか。



彼はその会社で働くのがとても楽しかったそうです。



世間や父親から、その会社の事業について
「なにか怪しいことやってるんじゃないか?」

と問い詰められた事もあったそうですが、

彼は自分で決めた道を貫きました。



そして20年以上が経過します。



彼が入社した会社は上場を実現。



従業員しか持てない株を持っていた事もあり、
彼は現在、サラリーマンにしては
かなり多くの資産を持っているとの事でした。



また実績を上げた事もあり、
20代で管理職、30代で年収1,000万を越え、
サラリーマンにして1,800万円の年収を貰っていたと、
こっそり教えてくれました。


今でも1,000万以上は貰っているそうです。



一方、彼の両親が勧めた大手証券会社ですが、
今も会社は残っているものの、
事業が時代の流れに遅れている面もあり、
また不祥事もたびたび起こるなど、

「入社しても働きがいを持って勤めるのは難しかっただろうね」

と彼は言ってました。



もしも彼が、両親や周りの声を信じ、
かつてのインターン先を「怪しい」と切り捨て、
大手証券会社に入社すれば、


今の彼の充実した人生は無かったと言っても良いでしょう。



もちろん、世間から「怪しい」と言われている会社が
全てこのような発展を遂げるとは限りません。

当たり前ですよね。



僕が言いたいのはコレです。

周りの「怪しい」という声に踊らされるのはどうなのか?



家族や友人が「コレ怪しいよね」と言っていたら、


“なぜ、怪しいと言えるのか?”



この問いを立ててみて下さい。



周りの言う事にそのまま従っているだけでは
アフィリエイトやネットビジネスでは稼げません。



必ず、自分の意見や視点をそこに挟む事が大切です。

アフィリエイトを実践して企業から内定もらった27歳フリーターの話


このように、
周りが言う「怪しい」と言葉を真に受けていては、
稼げる、成功を納めるには難しいでしょう。


実はその「怪しさ」の裏には、
物凄く大きな可能性が眠っているかもしれません。


少なくとも、アフィリエイトやネットビジネスに関しては、
実践することで大きな可能性を得られるのは事実です。


少なくとも僕は、病気で就職に失敗しましたが
こちらの記事のようにアフィリエイトを実践することで自立に成功し、

今ではWebに関するコンサルティングを行ったり、
企業サイトのリニューアル案件に携われるようになるなど、
活動の範囲を広げることに成功しています。



また、僕の知り合いの話では、
27歳のフリーターがアフィリエイトを実践。

月収30万を継続的に稼げるようになった事が評価され、
企業のWebマーケティング担当者として就職できた例もあります。


仮にJ君としましょう。


J君は、大学生の頃は就活は力を入れておらず、
アルバイトを頑張ってるタイプの学生でした。


「あまり働きたくねえ、社会人なりたくねえ…」と
友達に言ってるタイプだと言ってました。


もとから企業に勤める気はなかったそうです。


20代の頃は、バイトをしながら旅行をしたり、
好きなアイドルのコンサートに行ったりしつつ、
並行してアフィリエイトもちょこちょこやっていたそうです。



そんな時、27歳になったJ君に彼女ができました。


彼女はとてもいい子で、
2人の仲もとても良かったそうですが、
1年くらい付き合ってるうちに、

「そろそろ正社員になって、安定して欲しいかな…」


と言われたそうです。


今までアルバイトやアフィリエイトをしてきたJ君。


正社員になった事は一度もありませんでした。


しかし、J君は彼女をとても大切に想っていたらしく、
ずっと一緒に居たいという気持ちも強かったそうです。


その結果、J君は正社員になる決意をします。


意を決して転職活動を行ったところ、
J君はなんと、3社の内定を獲得することに。


そのキッカケになったのがアフィリエイトでした。


当時のJ君は、アフィリエイトで月30万円を
安定的に稼いでる状態でした。

+アルバイトの収入で暮らしていたそうです。


SEOやコンテンツ作成を軸に集客をしていたそうですが、
その実績が面接を受けた企業から
とても高く評価されたとのこと。


複数の内定を獲得したJ君は、
社会人経験がなかった事もあり、

3社の内定先の中で、
社風が一番堅実そうな企業の内定を受諾します。


他にも広告代理店やWebメディア運営企業からも内定を貰ったそうです。



「こんなにアフィリエイト経験が評価されるなんて考えてもみなかった」


J君がアフィリエイターが参加する懇親会で僕に話してくれた一言です。


J君は現在、内定先に勤めて2年以上。

今年の12月には彼女へ正式にプロポーズをするつもりだそうです。



現在は勤め先の業務に集中しているため、
アフィリエイトはやっていないとの事ですが、

サイトはしっかり作り込んだので、
今でも月に20万円程が、
「不労所得」として入ってくる状態とのことでした。


「不労所得なんてあり得ない」
こう考える人にとっては、

J君の事例は”あり得ない”ストーリーでしょう。



ですがこうした事例は紛れもなく存在するのです。

ここまでのまとめ


上記の内容と重複しますが、世間一般が「怪しい」と言ってるモノの中には
本当に怪しい、メチャクチャなものは存在します。

むしろそちらの方が多いと思っても問題はないでしょう。


でもここで考えて欲しい。


世間が言う「怪しい」「悪い」は、
自分にとっても”怪しい”、”悪い”ものなのか?

実は自分にとって必要なものは、
世間が悪く言ってるものではないか?


逆に世間が「良い」「スゴい」と言ってるものは、
実はトンデモナイまがい物なのではないか?


ビジネスで価値が生まれる源泉の1つに
「希少性」というものがあります。

いわゆる”レアもの”と言ってもいいでしょう。



こうした「レアもの」は、
実は、100人中99人から悪く言われる事も珍しくない。

ですが残りの1人にはメチャクチャ価値のあるものだったりする。


場合によっては、1億払ってでも欲しい、
なんて事もあるかもしれない。


「怪しい」ものが、
実は自分にとって大きなビジネスチャンスなのでは。

こうした視点を持って欲しいと思う。

アフィリエイトで「第二の人生」をスタートできた男の物語


僕はアフィリエイトで毎日40~50万の安定収入を稼いでおり、
とある手法で年間400万円ほどの売上を叩き出した事があります。

・・・と言っても、クソ怪しいですよね。

おそらく、昔の僕だったら怪しいww誰が騙されるんだよwww
と間違いなく思っていたでしょう。

ですが、これは紛れもない事実なのです。

僕は持病や学生時代の就職活動に失敗した
典型的な落ちこぼれ、社会不適合者で、
一時は引きこもりニート生活を送ったこともありました。

しかし、アフィリエイトを実践したことがきっかけで、
現在は企業へWebマーケティングのアドバイスが出来るようにもなり、
自分に対して自信を持てるようになりました。

こうした経験から、今がどんなに苦しい状況であっても、
日々やるべき事を継続すれば人は変われると僕は確信しております。

典型的な落ちこぼれだった僕がどのようにして
稼げるようになり、自信を取り戻せるようになったのか。
その過程は以下の記事からどうぞ。
⇒まさくんが第2の人生を歩み出すまでの物語はコチラ




メルマガも↓↓から登録できます。
現在、月7桁稼ぐトップアフィリエイター直伝のキーワード選定マニュアルや、
期間限定skypeコンサル(1時間相当、初回無料)を特典に付けているので、
ぜひ積極的に利用してみて下さい。

⇒社会不適合者でも成功できる「正しいアフィリエイトの姿」を配信中