アフィリエイトでレビュー記事が書けない。作成が難しい。どうすればいいの?

アフィリエイトの作業の中で一番悩むのって
レビュー記事、販売ページの作成ではないでしょうか。

販売記事がなかなか書けない。売れない。
どうすればいいのか分からない。
何か練習する方法があればいいんだけど…

こう思われた経験はありませんか?

僕も思ったことがあります。


ですが、とある方法を知ってから、
レビュー記事が書けない、作成が難しいという問題は
あっという間に解決できて、
今ではこれで悩む事は一切なくなりました。

その方法ですが…

Amazonのレビュー欄を使って練習する


Amazonのレビューを書くことです。



Amazonのレビュー?

ああ、そういえば色々な人が書いてたっけ。



こうした印象を持たれてる方が多いのではないでしょうか。


このAmazonのレビューページ、
販売ページやレビューの記事作成の練習に、
かなり役立つってご存知ですか?



例えば、あなたは最近
何か新しく商品を買ったりしましたか?


本とか、家電とか、文房具とか、デバイスとか…


もしそれが、とてもいい商品だったら…


誰かに勧めたくなりませんか?



それ、ぜひ、
Amazonのレビューにしてみて、
色々な人にその良さを伝えてみて下さい。



自分が良いと思ったものを勧める。
それを文章にする。


アフィリエイトのレビュー記事も
Amazonのレビュー欄の作成も

根本にあるものは同じです。


で、Amazonのレビュー欄の何がいいか、ですが、
Amazonで売られている商品を見てみると、
「役に立った」というボタンがあるのですが、

これが多いレビューって、
沢山の人から評価を受けてる文章だと言えるんです。



アフィリエイトを実践していて、
レビュー記事が書けない、
販売用の文章がなかなかしっくりこない…


この場合、Amazonのレビューを書いてみて、
「商品を勧める文章」の基礎固めをする事をおススメします。


いいと思った商品がAmazonにあれば
レビューを書いて、沢山の「役に立った」を
もらうことを目指してみて下さい。


これがアフィリエイトにおける
レビュー記事、販売ページ作成の訓練に繋がります。


あなたがもし、「役に立った」を多くもらえる
Amazonのレビュー記事を書けるのであれば、

ブログやアフィリエイトにおいても、
多くの人に良いと思ってもらえる、
レビュー記事、販売ページを作れる力があると言えます。
(逆もしかり、です…^^;)


一度Amazonのサイトにアクセスしてみて、
どのレビューが多くの「役に立った」をもらっているのか、
逆に評価が少ないレビューはどのようなものか。


その違いを確認してみて下さい。


きっと「役に立った」をたくさん貰っているレビューは、
文章の質に、何かしら良い点があるはずです。


それをご自身の文章に取り入れてみて下さい。

どの商品でAmazonのレビューを書けばいいの?


Amazonのレビュー欄の可能性は感じた。


でも、何から始めればいいの?


こう思われた方もいるかもしれません。


この場合、あなたが現在実践されている
アフィリエイトのジャンルに関する商品の
レビューを書く事をおススメします。



ご自身が参入しているジャンルに関するターゲットと、
あなたが現在扱われている案件のターゲットは、

何かしら似た部分があると思うんです。


Amazonレビューを書くと、
ターゲットの理解にも繋がります。

・どのような悩みを抱えているのか。
・どのような解決策を欲しているのか。
・どのような文章を書けば「役に立った」と思ってもらえるのか。



こうした点を理解してレビュー記事を書くのと、
ただ商品のLPを見て、漠然とターゲット像を思い浮かべて
レビュー記事を書くのとでは、

その質には大きな差が出てくるでしょう。


このAmazonレビュー記事の作成ノウハウを知った時、

「もっと早くこのノウハウを知ってれば、リサーチの手間も省けたのに…」

こう思わずにはいられませんでした。


思えば、昔の僕は
コピーライティングの教材のインプットに
決して少なくない時間を費やしていました。


自分がレビュー記事を書けないのは、
コピーライティングの知識が足りないからだ!

こう思っていたのです。


ですが、当時の僕に本当に足りなかったのは、
コピーライティングの知識ではなく、
ターゲットへの理解と、
この点をもとにしたレビュー記事の作成回数でした。


膨大な時間を無駄にしていた…

非常に後悔しています。


その点、Amazonのレビュー欄を書けば、
レビュー記事の訓練ができるのはもちろん、
ターゲットへの理解も深まるので、一石二鳥なのです。


僕と同じ轍を踏まないで下さい。

Amazonレビューに使用した文章もブログにも転載する


後、これはあなたが扱われているジャンルにもよりますが、
Amazonのレビュー欄の文章を作ってみたら、
お持ちのブログにその文章を載せるのもおススメです。

※レビュー欄の文章をそのまま載せるのはおススメしません。
 重複コンテンツになってGoogleからの評価が下がるリスクがあったり、
 どのみち文字数がどうしても少なくなるので、
 SEOで上位表示をするのであればどうしても加筆修正が必要になるからです。


作成した文章をブログに載せれば、Amazonアソシエイトで稼ぐ事もできますし、
何より、その商品のターゲットがブログを訪問してくる可能性もあります。

そのレビュー記事に、あなたが紹介したい案件の
レビュー記事へのリンクを貼る事で、商品を売れる機会も増えます。


また、ネットビジネス系や恋愛系の情報商材を売りたいのであれば、
Amazonの商品のレビュー記事にLPへのリンクを貼って、
リスト取りをする事にも使えます。


レビューする商品がない…とか、
自分のブログは雑記型なので特定のジャンルをやってる訳じゃないので…

この場合は、マーケティングやコピーライティングの本を買って
Amazonのレビュー欄を書くと、
本で学んだ内容をアウトプット出来るので、とても便利です。


あなたがもし、ブログをまだ作ってない、
最近アフィリエイトを始めたばかり…なのであれば、
まずは本を基礎知識をインプットすると共に、

早い段階でアウトプットをする習慣を身に付けると、
後々、ブログで稼ぐ上で便利ですよ^^


マーケティングやライティングの本は色々あるので、
ご自身がピンときたものを選べばいいのですが、
迷われた場合は以下がおススメです。

マーケティング
・ドリルを売るには穴を売れ
・USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門
・沈黙のWebマーケティング

コピーライティング
・ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則
・SEOに強いWebライティング 売れる書き方の成功法則64
・沈黙のWebライティング
・ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則

この記事のまとめ


最後に、これまでのまとめを。


Amazonレビューを書いて「役に立った」を貰うことで、
どんなレビュー記事、販売記事を書けばいいかが
次第に分かってきます。

最初のうちは、商品のターゲットがどんな人なのか、
どんな悩みを抱えていて、どのような解決策を欲しているのかを、
考えてレビューを書いてみるのがおススメです。

また、レビューする本がないのであれば、
現在チャレンジしている分野に関する本を
買ってみてレビューを書いてみるのがおススメです。


こうしてると、新しい知識が得られるので
記事のネタが新しく見つかったり、

本の内容をアウトプットする事で、
その分野への知見が深まる効果もあります。


結果としてターゲットへの理解や、
どのような文章が評価されるのが分かるので、
ブログに投稿するレビュー記事の質も
みるみるうちに上がっていく筈ですよ。


ぜひ一度、実践してみてくださいね。

アフィリエイトで「第二の人生」をスタートできた男の物語


僕はアフィリエイトで毎日40~50万の安定収入を稼いでおり、
とある手法で年間400万円ほどの売上を叩き出した事があります。

・・・と言っても、クソ怪しいですよね。

おそらく、昔の僕だったら怪しいww誰が騙されるんだよwww
と間違いなく思っていたでしょう。

ですが、これは紛れもない事実なのです。

僕は持病や学生時代の就職活動に失敗した
典型的な落ちこぼれ、社会不適合者で、
一時は引きこもりニート生活を送ったこともありました。

しかし、アフィリエイトを実践したことがきっかけで、
現在は企業へWebマーケティングのアドバイスが出来るようにもなり、
自分に対して自信を持てるようになりました。

こうした経験から、今がどんなに苦しい状況であっても、
日々やるべき事を継続すれば人は変われると僕は確信しております。

典型的な落ちこぼれだった僕がどのようにして
稼げるようになり、自信を取り戻せるようになったのか。
その過程は以下の記事からどうぞ。
⇒まさくんが第2の人生を歩み出すまでの物語はコチラ




メルマガも↓↓から登録できます。
現在、月7桁稼ぐトップアフィリエイター直伝のキーワード選定マニュアルや、
期間限定skypeコンサル(1時間相当、初回無料)を特典に付けているので、
ぜひ積極的に利用してみて下さい。

⇒社会不適合者でも成功できる「正しいアフィリエイトの姿」を配信中